前へ
次へ

営業求人の転職で給料増なら在庫リスクを見る

商品を販売する会社では一定の在庫を保有する必要があります。
在庫がないと客先への納品がすぐに行えず、それを理由に他社に乗り換えられる可能性もあるからです。
小売りにおいても在庫がなければ機会損失が発生して得られるはずの売り上げや利益を下げてしまうでしょう。
一方で在庫を抱え込むことで利益を圧迫することもあり、在庫を必要とする会社は在庫管理が利益に大きく影響してきます。
転職を機会に営業求人を探す人はその会社に在庫リスクがあるのかをチェックする必要がありそうです。
転職の目的として給料のアップを目指すなら、在庫リスクの少ない業界や会社で営業求人を探しましょう。
在庫リスクがない業界としてはそもそも在庫を持たないサービスを提供する会社、ソフトウエアの開発や販売をする会社などがあります。
また物でも計画製造販売ではなく受託製造販売をする会社だと在庫を持つことが少なくなります。
在庫があまりないビジネスであれば納品に関する制約も少なくなるので、営業の仕事もしやすくなるでしょう。

Page Top